SOS!こむら返りになっちゃった・・・今日からできるこむら返り対処法

SOS!こむら返りになっちゃった・・・今日からできるこむら返り対処法

適度な運動を行う

こむら返りになる原因は複数あります。どの原因も誰でもあてはまるようなものばかり・・・ということもあり、実際にこむら返りになった時に、原因究明するのが難しいとも言われています。
例えば、明らかな原因が分かっていればいいのですが、どれもなんとなく当てはまるというような場合、なかなか判断するのが難しいものです。
しかし、こむら返りにはいくつかの対処法というものがありますし、これを行っていると予防できるというものも存在します。

 

適度な運動をすること

適度な運動は、健康維持のためにも必要ということが言えますが、実際のところ中々続けることができないと言われています。
実は、適度というのがポイントなのです。過度な運動や激しい運動というのは、大量の汗が一気に出てしまうのでミネラル分を排出してしまうということが言えます。
また、続けるとなると無理がたたって、筋肉痛なども起きやすくなり難しいということも言えます。

 

 

適度な運動は、運動能力が関係しないものばかりですから、誰でも行うことができるようなものばかりです。
ウォーキング、軽いジョギング、ダンベル体操、ストレッチなどがこのようなものにあてはまります。
室内でできるものもありますので、実践しやすくなっていることもポイントとしてあります。

 

今日から実践!自分で治す!こむら返りの対処法

食事に気を付ける

こむら返りを予防する方法にはいくつかありますが、その中で意外と大事なのが、食事に関する注意事項です。
あらゆる食品をまんべんなく食べていれば、基本的には問題が無いとされていますが、それができないのが現代人ですよね。
食事の調達も、面倒になればコンビニなどで弁当でさっと済ませるというようなことも可能ですし、最近ではお菓子を食事代わりにしている人もいたりします。
このような食事に共通しているのが、ミネラル不足です。
こむら返りを予防するのに必要なミネラル成分は、カルシウムとマグネシウムです。
ミネラル成分というのは、食品もしくはサプリメントで摂取しないといけないものですが、カルシウムとマグネシウムについては幸いそう摂取が難しい成分ではありません。

 

カルシウムが豊富な食品
乳製品、小魚、海藻類など
おやつにお菓子を食べるより、チーズを食べたりすると手軽に摂取が可能です。高齢者の中には乳製品が苦手という人が多いことも、こむら返りに影響しています。

 

マグネシウムが豊富な食品
野菜、魚類などあらゆる食品に含まれています。多品目を食べているとまずは問題なく摂取することが可能。

 

ビタミンB1
ビタミンの中ではビタミンB1が必要な成分だと言われています。豚肉に豊富に含まれることで有名です。

冷え性をそのままにしない

冷え性というと、かつては女性だけのものと言われてきましたが、最近は男性にも多いということが分かります。男性用の防寒下着などの売れ行きもいいようです。
確かに、最近は男性で寒いと言って女性と同じように震えている人、結構いますよね。
そんな冷え性ですが、ただ寒いというだけでは済まされないこともあるようです。
それは、冷え性の人はこむら返りを起こしやすくなるから。例えば、冷え性+運動不足とか、+ミネラル不足ということになれば、こむら返りを起こしやすくなってしまうのは想定内とも言えるでしょう。
冷え性をそのままにしないということは、足(特に膝から下)の血行を良くするということが大切となります。
どのような方法で、冷え性を改善すればいいのでしょうか。

 

冷え性改善の方法
ふくらはぎをさすったり、軽く揉みほぐしたりする。足の指のグーパー運動をする。
レッグウォーマーを身に付けたり、靴下やタイツの素材を保温のものにして熱が逃げるのを防ぐ。
適度に動き回って、身体全体の血流を良くする。入浴の際に温浴効果の高い入浴剤を使う。

 

冷え性改善にはあらゆる方法がありますから、これらを実践してみることがベスト。できれば、複数実行してみるようにしましょう。

 

「冷え」と「足がつる」の関係性って?

妊娠中は注意

こむら返り=妊娠中。ということも言われるように、妊娠中はこむら返りになりやすいと言われています。
妊娠中と言っても、初期の場合はこむら返りになるということはあまりなく、妊娠中期以降となります。妊娠により、お腹が大きくなることでなりやすいのです。
お腹が大きくなることによって、骨盤がずれたりもしますし、足腰に負担が掛かってしまうこともその原因のようです。
また、もともと冷え性の女性の多くは、妊娠後期にこむら返りを起こしているとも言われており、該当する人は予防法を実践していくことが大切になります。

 

妊娠中のこむら返りを防ぐ方法
妊娠中は、摂取する栄養には気を配らなければなりません。それは、胎児にも栄養が必要なためです。余程、気を付けていないと栄養不足になりやすいと言われています。
このことからも分かるように、ミネラルとビタミン(特にカルシウム、マグネシウム、ビタミンB1)を積極的に摂取するということが必要になります。

 

 

 

妊娠中は、体重が急激に増加しますが、それを緩やかにするということも必要です。かなり前から、妊婦さんの体重については厳しい指導を行う産科が多いようですが、それでもなかなか難しいものです。体重が急激に増加すると、動くことも面倒になりがちなので悪循環に陥りやすくなります。あまり体重を増やさないようにしましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ